JP / EN
JP / EN

Conceptコンセプト

Localingという旅のあり方

いのちを感じる木々たちは、所狭しと生い茂り、はてしなく続く水平線は、海の青が美しく、澄んだ夜空に浮かぶ星は、大切なあの人を思い起こす。

100年先もこの変わらぬ自然を残していきたい。

そんな思いを込めて、RuGuでは、Local(自然、人、文化)と触れることができる、“Localing”という旅のあり方を提案します。
自然と生きる

RuGuでは自然の造形を最大限に生かしたいという思いで、全客室にトレーラーハウスを採用しています。
ありのままの地形を生かし、野鳥や虫といった生きとし生けるものがいつでも帰ってくる場所へ。
来間島では過去から続く生命の息吹を満喫していただけます。

五感で感じる

来間大橋を渡ると、そこは宮古島本島とは生態系すら異なる来間島。市街から離れたこの地では見える星空も格別です。
延々と続くさとうきび畑、潮の香りが広がる大海原。大自然に身を委ねることで五感が研ぎ澄まされます。
トレーラーハウスのルーフトップや至近の長崎浜で「何もしない時間」をお過ごしください。

文化に触れる

豊年祭(ヤーマス)といった祭祀や来間島誕生の伝説など、現在でも島独自の文化は受け継がれています。長い年月をかけ守られてきた歴史、文化。
そしてそれを守り続けてきた島人(しまんちゅ)。

「RuGu」に込めた想い

毎年『竜宮(りゅうぐう)』の神様をお迎えする場所として島人に大切にされてきた長崎浜至近にあることから、「RuGu(るーぐー)」という名前を頂きました。
お越しいただいた皆様にとっても”帰りたくなる場所”となりますように。

TOP