JP / EN
 
JP / EN
2020.08.03 | 宮古島お役立ち情報

宮古島を楽しむなら離島のビーチがオススメ!伊良部島と来間島ビーチ比較!

海が抜群に綺麗な宮古島。その離島にはさらに青い海が広がっています。今回はその中でも伊良部島(いらぶじま)と来間島(くりまじま)のビーチをピックアップ!宮古島をより楽しむために離島のビーチを紹介します。

与那覇前浜ビーチ与那覇前浜ビーチ(写真引用元:photoACmiyak9さん

宮古島の海はなぜ綺麗?

宮古島近海の海は沖縄本島と比べても、より透明度が高く、エメラルドグリーンに輝く海はとても鮮やか。その美しさを形容して「宮古ブルー」とも呼ばれ、一生のうちで1度は見ておきたい景色といっても過言ではありません。

宮古島の海が綺麗な理由としては大きく3つ。

・山と川がないため、土が海に流れ込みにくいから。
・サンゴの光合成により、海が浄化されるから。
・台風によって海が混ぜられることで、海深くの澄んだ水が表層部に上がってくるから。
(ただし、台風通過してすぐの海は濁って透明度が低い)

このような理由から、宮古島の海は透明度が高いとされています。そんな豊かな海を後世に残すためにも、「ゴミを捨てない」「サンゴを傷つけない」といった基本的なマナーは必ず守るようにしたいものです。

伊良部島オススメビーチスポット

さて、まずは伊良部島のおすすめビーチスポットをご紹介します。伊良部島は宮古島の西側にある「離島の離島」。2015年伊良部大橋が開通したことで注目を集めており、さらに隣接する下地島も人気沸騰中の島です。2019年には「みやこ下地島空港」がオープンし、島の玄関口としても開かれるようになりました。

のんびりするなら、円弧が美しい「渡口の浜」

渡口の浜渡口の浜(写真引用元:photoAC丸岡ジョーさん

渡口の浜は、伊良部島の西側に面した天然のビーチ。海岸線はゆるやかな弧を描き、真っ白い砂浜は歩いているだけでも気持ちがいいですよ。西側に面しているので夕暮れどきには、海と空が真っ赤に染まります。刻々と色を変える夕景はこの世のものとは思えない美しさです。

アクティブにシュノーケリングするなら「中之島ビーチ」

実は、渡口の浜は決してサンゴや熱帯魚が多いわけではありません。伊良部島でシュノーケリングをするなら中之島ビーチがおすすめです。中之島ビーチは伊良部島の隣にある下地島にあるポイントで、湾のような地形が特徴です。外洋の影響を受けづらく、潮の流れも比較的穏やかなので初心者にもぴったりのシュノーケルスポットです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆おーちゃん( ̄0 ̄)/☆(@okinawa_sukisuki)がシェアした投稿

来間島オススメビーチスポット

来間島は宮古島の南側にある島。東洋一のビーチと名高い「与那覇前浜ビーチ」の向かいに位置しています。こちらも伊良部島同様、来間大橋で本島とつながっており、宮古空港からは車で15分ほどとアクセス面も良好です。

来間島で夕陽を見るなら「長間浜」がおすすめ

長間浜は、沖縄離島らしい原風景が残るビーチです。砂の白と海の青のコントラストは、宮古島を訪れる方にぜひ目にしていただきたい景色。さらに東西に伸びる海岸線は西に面しており、夕日を望むにはこれ以上ないロケーション。ビーチに座ってたたずんでいるだけで、心身ともに癒されていく感覚を得られるはずです。

長間浜長間浜の夕日(写真引用元:photoACmiyako9さん

のんびり海の家を楽しむなら「猫の舌ビーチ」

猫の舌ビーチは、来間港のすぐ横にあるマイナービーチ。ここまで紹介してきたビーチと比べるとそこまで知名度は高くありませんが、海の透明度はほかに引けを取りません。あまり知られていないぶん人が少ないので、絶好の写真撮影スポットでもあります。前方には来間大橋や与那覇前浜ビーチも見られます。2019年には「Perchill(パーチル)」というバーがオープンしました。海の家のような感覚で、ビーチでの時間をのんびりと楽しめます。

伊良部島と来間島には、まだまだ紹介したいスポットがたくさん

今回はご紹介できませんでしたが、伊良部島と来間島にはこのほかにもさまざまなビーチスポットがあります。最後にその一部をダイジェストでお送りいたします。気になるポイントがあれば、ぜひ宮古島滞在中に立ち寄ってみてください。

【伊良部島のスポット】
・佐和田の浜:日本の渚100選に選ばれたビーチ。
・白鳥岬:海岸線の眺めは必見。ハワイのようなダイナミックは風景が楽しめる。
・通り池:地下部分で海とつながる池。国の天然物に指定されているパワースポット。

【来間島のスポット】
・長崎浜:小さいけれでも、味のあるビーチ。夕日も◎。
・ムスヌン浜:こじんまりとしたビーチ。サンセットスポットとしてもおすすめ。
・竜宮展望台:与那覇前浜ビーチと来間大橋のパノラマ絶景を楽しめるスポット。

通り池通り池(写真引用元:photoAC MOMO太郎さん

マナーを守って海を楽しんでください

宮古島諸島の魅力のひとつである「海」。それを求めて日々多くの観光客が宮古島を訪れます。そして一度見た景色を忘れられず、「毎年、通ってます」というリピーターの方も少なくありません。

そんな美しい自然は決して永久不滅なものではありません。ゴミを捨てればビーチは汚れますし、サンゴを傷つければ生態系が崩れてしまうかもしれません。海遊びを楽しむ際には、最低限のマナーを意識して楽しむようにしましょう。一人ひとりの小さな行動や選択が、「海の豊かさ」を守ることつながっていくはずです。

TOP