JP / EN
 
JP / EN
2020.09.01 | 宮古島お役立ち情報

青さが際立つ宮古島の離島「池間島」をご紹介!

宮古島旅行の楽しみのひとつ「アイランドホッピング」。宮古島からは、伊良部大橋、栗間大橋、池間大橋の3本の橋がかかり、それぞれ近隣の離島とつながっています。

そして今回ご紹介するのはそのなかのひとつ「池間島」。池間島周辺の海はとてもきれいで「池間ブルー」とも称され、自然豊かな沖縄の離島です。ここでは池間島に訪れたら必ず立ち寄りたいビーチ・グルメ・ショッピングなどの人気観光スポットを紹介していきます。

池間島までのアクセス

画像引用元:みにもさん 写真AC

池間島は1992年に開通した池間大橋により、宮古島から車でアクセスができます。宮古空港からは車で約30分、下地島空港からは伊良部大橋、池間大橋をわたり45分ほどで到着です。

宮古島旅行ではレンタカーで島内を周遊するのが一般的ですが、宮古島の中心地「平良(ひらら)」から池間島までを結ぶ路線バス(八千代バスも出ています。ローカルバスでのんびりと池間島まで移動するのも楽しいですよ。

池間島の特徴

画像引用元:ショーミヤギさん 写真AC

宮古諸島に属する池間島は、人口600人弱の小さな島。面積は約2.8平方キロメートル、周囲約10kmです。池間大橋は全長1425mと、完成当時としては沖縄県最長の長さを誇りました。橋の完成により島へのアクセスが容易になり、もともとは漁業や農業が盛んな島でしたが最近では新しいお店も増えてきています。

池間島のおすすめ観光スポット

画像引用元:春うららさん 写真AC

池間島の観光スポットとしてまず挙げられるのが「ハート岩(イツキービーチ)」NHK朝の連続テレビ小説「純と愛」のロケ地になった場所です。サンゴが隆起した岩礁が長い年月をかけて波で浸食され、その形がハートに見えることから「ハート岩」と名づけられました。もし見に行くなら、晴れた日の午前中がおすすめ。さらに干潮のタイミングであればハート形がしっかりと見えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮古島 Lei photo(@lei_light)がシェアした投稿

また、シュノーケリングを楽しむなら「フナスクビーチ」や「カギンミヒダビーチ」に行ってみましょう。比較的浅瀬の海が広がり、シュノーケリング初心者でも楽しめます。ただしカギンミヒダビーチは、ロープでビーチへと降りるようになっているので、小さいお子さん連れの方はフナスクビーチがおすすめです。

池間島のおすすめ食事スポット

 

この投稿をInstagramで見る

 

OHAMAテラス🐸🌈🌺🏝(@ohamaterasu)がシェアした投稿

池間島で食事をするなら「OHAMAテラス」はいかがでしょうか。島の北側に位置する浜辺のカフェで、タコライスやカレーのほか特製のフルーツジュースなどが味わえます。お店の奥にはプライベートビーチが広がり、ロケーション抜群です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

たのしま宮古島🌴(@tanoshima_miyakojima)がシェアした投稿

また、がっつり食事をしたいなら、池間大橋を渡ってすぐのところにある「大漁丼屋」がいいですよ。53種類の海鮮丼がワンコイン(500円)で食べられます。持ち帰りOKなので、テイクアウトしてビーチで食事をとるのも楽しみ方のひとつ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

海カフェ Loophole(@umicafe_loophole)がシェアした投稿

また、大漁丼屋さんのおとなりにある「海カフェLoophole」ではアイスやジュースをいただけます。軒先にいる看板ヤギがお客さんを迎えます。

池間島での買い物は池間大橋わたってすぐのドライブインで

お土産を買うなら、池間大橋を渡ってすぐ右側にあるドライブインに寄りましょう。先ほどご紹介した「大漁丼屋」や「海カフェLoophole」もこの一角にあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

⌘ 𝐌 𝐚 𝐡 𝐨 𝐒 𝐚 𝐢 𝐭 𝐨 ⌘(@mvvhcc)がシェアした投稿

「海美来(かいみーる)」は、海の幸を主に扱うお土産屋さん。海ぶどうやカツオの燻製などが揃います。

「UNIVERSAL MARKET」は雑貨や泡盛はもちろん、ここでしか買えないオリジナルTシャツなど幅広いラインナップが自慢です。

池間島で宿泊するならここ

 

この投稿をInstagramで見る

 

アイランドテラスニーラ(@neela.miyako)がシェアした投稿

「アイランドテラスニーラ」は全室オーシャンビューのヴィラタイプのお宿。ジャグジーやプライベートプールを備え、ホテル目の前にはビーチが広がります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

fairy🧚god🧚mother🧚‍♂️山中律子(@ilios_thasos_ritsuko)がシェアした投稿

「イリオス池間島」は全5室を備えるペンション。かわいらしい内装が特徴的で、屋上からは海に沈む夕日や満点の星空が臨めます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao(@bkk70)がシェアした投稿

「ラサ・コスミカ ツーリストホーム」はエキゾチックな雰囲気が漂うゲストハウス。プライベートビーチがあり、オーシャンビューの客室もあります。

「宮古島に宿をとって、平良の繁華街で夜を明かす」、そんな楽しみ方もいいですが、池間島に泊まればもっとディープな離島を味わえます。夜は自然の音しか聞こえず、朝の空気は透き通っています。離島の離島、おすすめです。

池間ブルーを体感したいなら「八重干瀬」がおすすめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

八重干瀬マリンハート宮古島(@marineheart385)がシェアした投稿

最後にご紹介したいのが「八重干瀬(やびじ)」です。八重干瀬とは、池間島の北海域にある大小100以上の環礁からなる日本最大級のサンゴ礁群のこと。世界的にも有名なダイビング・シュノーケリングスポットとして知られ、池間漁港からは八重干瀬へ行くツアー船も出ています。丸一日かけて八重干瀬を楽しむコースや、気軽に楽しめる半日コースなどもあるので、気になる方は池間島のマリンショップに問い合わせてみましょう。

まとめ

池間島は決して大きい島ではありませんが、楽しみ方はたくさんあります。昔ながらの風景が残り、古き良き沖縄らしさを感じたい方にはとってもおすすめの島です。宮古島の市街地から車ですぐなので、ぜひ行ってみてください。

 

TOP