JP / EN
 
JP / EN
2020.09.17 | 宮古島お役立ち情報

沖縄の離島頂上決戦!「石垣島と宮古島どちらをどう楽しむ?」

沖縄には驚くほどたくさんの離島があるのをご存知ですか?中でも代表的な離島といえば石垣島と宮古島。どちらもリゾートとしてはとても有名です。今回はそんな2つの人気の離島を比較し、それぞれの魅力をお伝えします。旅のスタイルに合わせて選ぶ参考にしてみてくださいね。

石垣島と宮古島ってどう違う?

石垣島と宮古島は隣にある離島なので近くにあると思われている方も多いのですが、実はかなり遠いんです。133㎞も離れていて移動手段は飛行機のみ。限られた旅行期間のなか、どちらも回るという事は難しいです。

石垣島 宮古島
面積 228㎢ 204㎢
人口 約48000人 約55000人
観光客数 年間128万人 年間114万人
那覇から 飛行機で1時間 飛行機で50分
空港 石垣空港 宮古空港・下地空港
直行便 東京・大阪・名古屋・福岡 東京(2空港)・大阪・名古屋・福岡

 

比べてみるとやはりとても似ていますよね。どちらか選ぶためにもそれぞれの特徴をみてみましょう。

海で比較する

沖縄の離島といえばやはり綺麗な海ですよね。沖縄本島と比べても、石垣島も宮古島もどちらも美しい海の青さには感動します。しかし宮古島は島全体がほぼ平坦で、山岳部は少なく大きな河川がないことから流れてくる土砂などもないため、石垣島よりも透明度の高い海が広がっているんです。

石垣島:川平湾

 

この投稿をInstagramで見る

 

北島 清隆 OKINAWA(@kiyotaka_kitajima_photo)がシェアした投稿

石垣島で最も人気の景勝地といえば川平湾です。沖縄で唯一「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星を獲得した世界的にも有名なスポット。遊泳は禁止されていますが、湾内の無人島上陸ツアーや、船底がガラス張りのグラスボートに乗りサンゴ礁やその周りを泳ぐ色とりどりの魚を楽しむことができます。

石垣島:米原ビーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

沖楽-okiraku-(@okiraku_activity)がシェアした投稿

観光客だけでなく昔から地元民にも愛されている米原ビーチ。白い砂浜が広がる遠浅の海なので家族連れにもおすすめです。浜辺からすぐ足の届くところで沢山の熱帯魚を観察できるのでシュノーケリングスポットとしても有名。ビーチの反対側には緑鮮やかな山もあり、美しい景観も楽しめます。

宮古島:与那覇前浜ビーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

シギラセブンマイルズリゾート(@shigira.seven.miles.resort)がシェアした投稿

日本のベストビーチにも選ばれ、東洋一の美しさを誇る与那覇前浜ビーチ全長7㎞に及ぶ砂浜はサラサラで真っ白なパウダーサンド。宮古ブルーのグラデーションが人々を魅了します。眺めるだけでも時間を忘れてしまいそうなほど。夏場はジェットスキーやバナナボート、パラセーリングなどマリンスポーツも充実しています。

宮古島:砂山ビーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆おーちゃん( ̄0 ̄)/☆(@okinawa_sukisuki)がシェアした投稿

波の浸食によってできたアーチ状の岩で有名な砂山ビーチ。砂山を登ると見えてくるコバルトブルーの海に、思わず声を上げて感動してしまうほど美しい景色が広がります。自然の造形美と透明度の高い遠浅の海は宮古島の中でも定番の撮影スポットです。小さなビーチですが夕日も綺麗なため一日を通して楽しめます。

お土産で比較する

旅の思い出に必ず買って帰りたいお土産。空港や地元のスーパーだけでなく、石垣島ではアーケード商店街「ユーグレナモール」がおすすめ。お土産店や飲食店が100店舗以上集まる活気の溢れる観光スポットなんです。宮古島では道の駅ならぬ「島の駅。宮古島の島野菜や南国フルーツ、定番のお菓子から調味料まで幅広いお土産が揃っています。

石垣島のお土産

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoko(@yoooko79)がシェアした投稿

代表的なのが「星のちんすこう」。その名の通りかわいい星型のちんすこうです。見た目だけでなく石垣の素材にこだわって作られたコクのある味わいも人気の理由。

 

この投稿をInstagramで見る

 

はたけ(@h_attack_e)がシェアした投稿

沖縄といえばやはり泡盛です。石垣島では泡盛独特の香りと樽の風味がミックスした味わいが特徴の「八重泉」が人気。果汁を加えてカクテルとしていただくと飲みやすく、泡盛初心者にもおすすめですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

波のうえ(@naminouerestaurant)がシェアした投稿

パイナップル天国と呼ばれるほど石垣島はパイナップルの名産地です。時期によってピーチパインやボゴールパイン、ゴールドパイン、島パインなど食べられる品種も様々。パインの時期に訪れた際はぜひおすすめしたいお土産です。

宮古島のお土産

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝑲𝒊𝒚𝒐𝒎𝒊(@k.moon_gram)がシェアした投稿

雪塩が有名な宮古島では「雪塩ちんすこう」が人気。雪塩の上品な塩分がちんすこうの甘さを引き立たせ、琉球の伝統菓子が新しく生まれ変わりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Christopher Pellegrini(@christopherpellegrini)がシェアした投稿

宮古島の泡盛といえば、自然に囲まれた洞窟貯蔵庫で寝かせた古酒で有名な「多良川」。その中でも「琉球王朝」は香味のバランスがとても良く、飲みやすい泡盛です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮古島BBcom 島で唯一の月刊情報誌!(@bbcom_miyakojima)がシェアした投稿

宮古島で忘れてはならないのが生産量日本一の「マンゴー」です。琉球石灰岩でできた宮古島のミネラル、カルシウムがたっぷりの土壌と水で育ったマンゴーは甘いだけでなく栄養豊富。

離島で比較する

石垣島には離島ターミナルがあり、たくさんの離島を行き来できます。それに対し宮古島は3つの離島と大きな橋で繋がっているので、美しい海を眺めながら橋を渡り気軽に離島巡りができます。

石垣島の離島

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marmot Japan Official(@marmot_japan)がシェアした投稿

赤瓦の集落と水牛で有名な竹富島、日本最南端の波照間島、マングローブの森でネイチャーツアーを楽しめる西表島、西表島から水牛車で渡る由布島、ドラマのロケ地となった小浜島、海底遺跡もある日本最西端の与那国島、ハートアイランドと呼ばれる人より牛が多い黒島、観光客の少ないゆっくりできる鳩間島、下地島と上地島の隣接する二島からなる島で、干潮になるとリーフを歩いて島を渡ることができるパナリこと新城島。こんなにもたくさんの離島を堪能できるのが石垣島の魅力ですね。

宮古島の離島

 

この投稿をInstagramで見る

 

mayu(@mayu1191)がシェアした投稿

無料で渡れる橋の中で日本最長の伊良部大橋とつながる伊良部島と隣接する下地島に、フォトスポットとして人気の「17END」があります。市街地からも近く与那覇前浜ビーチを臨める来間大橋とつながる来間島、宮古島3大大橋の中での海はダントツの美しさを誇る池間大橋の先には池間島、フェリーで渡るスピリチュアルな大神島短時間で美しい光景を堪能することができるのが宮古島です。

 

壮大な自然やたくさんの離島を堪能できる石垣島、感動するほど透明度の高い海が魅力の宮古島、旅のスタイルに合わせてどちらの島にするか選んでみてください。

TOP